ホーム |  ログイン
【MGM BIKESHOP】 [home link]

MTB・カスタムパーツWEBSHOP

カテゴリー
車体・フレーム>
カスタムパーツ>
用品>
メンテナンス>
DVD>
OUTLET>

WHATS NEW!
メーカー検索
キーワード検索
SSL認証
NEW PRODUCTS  
SPECIAL  
BELL [ SLANT ] MATT BLACK
BELL [ SLANT ] MATT BLACK
8,100円 (税込)
5,670円 (税込)
割引: 30%OFF
ショップInfo
配送について
個人情報保護について
注文方法と利用規約
お問い合わせ
MORE Info
HOME
リンクページ
アバウト MGM
よくある質問・FAQ
★RANKING TOP10★
 1.FOX SHOX [ FLOAT FLUID 5cc ]
 2.BLACK SPIRE [ STINGER ] BB MOUNT /
 3.UA [ フルスロットル用 ロックリング ]アルマイト
 4.JAGWIRE [ シールドアウターキャップ 2個組 シフト用 ]
 5.JAGWIRE [ ケーブルクリップ ハウジングガイド ]
 6.Buzzy's[ SLICK HONEY TUBE ]
 7.JAGWIRE [ シールドアウターキャップ 2個組 シフト用 ]
 8.A&F [ アルミ バルブキャップ ] 仏式 /
 9.XT [ CN HG-93 9-SPEED ] XT CHAIN
10.JAGWIRE [ チューブトップ 3G ]

すべてのニュース

101 から 120 を表示中 (ニュースの数:422) [<< 前へ]  ... 6  7  8  9  10 ...  [次へ >>] 
超人気のFLVペダルや、インジスト、など製品開発の分野でも頭角を現し始めた、「パンク★キッド」高松健二さんのウェブサイトが新しくオープンした模様です。

まだオープンしていないページもかなりありますが、高松さんのポータルとしてはこちらで発信していかれるようです。

サイトのアドレスは

http://tmg13.com

です。

街中を走る場合には、モラルが必要ですが、やはり車両である以上交通法規が伴います。

6月から施行されたらしい法律によると下のようになるようで...

禁止事項 罰 則
二人乗り
・ただし、「16才以上の運転者が幼児1人を補助椅子をつけて同乗させること」は可
5万円以下の罰金又は科料
酒酔い運転 5年以下の懲役、又は100万円以下の罰金
夜間の無灯火運転 5万円以下の罰金
手放し運転
・傘さし運転、携帯電話をかけながらの運転を含む
3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
歩行者妨害 (歩行者への注意や徐行の怠り) 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
信号無視 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
「一時停止」無視 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
並進 (2台以上並んでの走行) 2万円以下の罰金又は科料

これで本当に捕まってしまうとなると、結構走り辛くなりますなあ。

飲んで乗っても駄目。携帯も駄目。これって片手運転が駄目って事でしょうか?
ちなみにブレーキを付けていないピストくんは歩行者妨害や一時停止無視などは要注意ですね。

やはり自転車ブームの昨今、どんどん肩身が狭くなっていくようで...。

安全に乗るためのモラルと言う事ですね。

東京都では、7月1日からこのように改正されるらしいです。
------------------------
傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。
------------------------
と言うことは、

これは、絶対無しっ!

て事ですね。

まあ、今こういうのはほとんど見ませんが。

みなさん、気をつけて乗りましょう。

盗品をここまで保管ですか?

昨日の日テレニュースで出ていたらしく、結構いろんなブログで出ています。

世田谷で、そこまで広い保管場所を持っているなら、こんなことまでする必要ないんじゃないか?
とさえ思わせる事件です。

しかも1台は盗んだが、他はフリーマーケットで買っただと〜!

フリーマーケットでそんなに出ている訳無いじゃないか?
どこのフリマでもそんなに自転車なんかでていないぞ!

メッカの明治公園でだっって自転車なんてめったに出ていないです。
たまにこの人が居ることはありますが、高級パーツなんか、しかも車体なんか出る訳ないでしょ。

盗人の言い訳の常套手段ですね。

全てきちんとした持ち主に帰ることを、願うばかりです。

A&Fサンタクルズの柴田選手が遊びに来てくれました。
前回の富士見のレポートを「載せないで」と言われていましたが、これは「饅頭怖いメソッド」と判断し、掲載しちゃいます。

■大会名 JCFジャパンシリーズ第2戦
■開催日 2009年5月30日
■開催地 長野県富士見パノラマスキー場
■天候 晴れのち雨

■結果 予選3位 決勝9位

ジャパンシリーズ第2戦富士見パノラマ大会の報告を致します。
今大会はレースウィークを通して雨が降り続き
路面状況も刻々と変わる非常に難しいレースとなりました。
レースコースは他のジャパンシリーズのコースの中でも
タイムが短くミスができない非常に集中力と正確さが求められるコースです。
開幕戦を落としているだけに今大会はなおさらミスのできない非常に難しい展開でした。

■予選
決勝に向けて天気が崩れることが予想されたので
時間の経過による路面変化の予測やタイヤ選択の確認を兼ねて走りました。
想像以上に荒れた路面に転倒しそうにもなりましたが
なんとか無難にまとめることができて3位。

■決勝
予選の走りからまだまだタイムを短縮させられる感覚があったので
とにかく漕ぎの区間の爆発とリスクの高いところを抑えてまとめることに注力しました。
前半は良い走りができたのですが少しオーバーペースになりすぎて
後半での細かいミスがでてしまい、良いリズムをつかむことができず空回りしてしまい
タイムロス。結果9位という惨敗に終わりました。

■決して調子は悪くないのですが、決勝での集中力や判断力が
少し自分の感覚とズレがあるようでミスなどに繋がっているように思います。
今後はそのあたりをしっかり修正していけたらと思います。

次回は7月17日に今回と同じ富士見パノラマにて全日本選手権が開催されます。
次こそはいい成績が出せるよう頑張ります。
よろしくお願い致します。



先日放送された「ガイアの夜明け」自転車編をご覧になられた方も多いのでは無いでしょうか?

自転車がクローズアップされるのは大変好ましいのですが、あまりに増えると番組内にあったように駐輪の問題やら、走行モラルの問題やら出てきます。
番組は終止「あさひ」さんの宣伝のようになっておりましたが、業界内で問題なのが「スタッフ不足」の問題。

当店をご利用になられる方は良くお判りでしょうが、自転車は無数の回転部品の集合体で、全てが調整によって成り立っている代物です。

そこで、スポーツバイクですとプロショップと言う物があるのですが、そこでのスタッフの教育が大変。
スポーツバイクとなれば、新商品も新しい規格もどんどん試される為に、それに着いていけるだけの人を確保するのが大変なのです。

当店は、ほぼMTBのカテゴリだけですが、それでもXCからダウンヒル、ストリートなど様々なジャンルに分かれていますし、用品だって様々です。
しかも、取引先別に取り扱い商品を覚えなければなりませんので、覚えることはたくさん。

閑話休題

それはさておき、番組内であったパナソニックのパンク防止タイヤ?
【パンクガードマン】
というらしいです。
凄い発想というか、直球でした。

MXのムースタイヤ的な発想ですよね。そりゃ、パンクしないけど、重いし、重いし、重いのでスポーツバイクではありえません。

そこで売れているのはこれ、

【スタンズ】

ですね。ちなみに動画を貼っておきます。
鬼のようにニードルを刺しまくるのでちょっと笑えます。






鬱とうしい梅雨になってしまいました。
暖かくじめじめ〜とすると様々な毒虫や蛇、蜂もずいぶんと飛び回っています。

そんな季節に活躍して欲しくない商品がこれです。

【ポイズンリムーバー】 :毒抜き器

です。
要は注射器と逆の発想で負圧を使って毒を抜き取ろうという機材ですが、この2つがいわゆるベストセラーな訳です。

・ 左がドクターヘッセルのデンマーク製のリムーバー。
小型で簡単で持ち歩きし易く、そして安価です。主に蜂や毒虫系です。

・右はフランス製のエクストラクター
吸い口が色々な物が付属していて、毒蛇のバイト用のものまで付いています。
毛髪など吸引力を妨げる物を剃るためのレイザーまで付いています。
吸引力も強く、使用しやすいのが特徴です。

ピストンは一旦引いた状態から押し込むと吸引するシステムなので、片手で吸引することが出来ます。

60〜90秒吸引すると説明書ではなっています。
もし、咬まれたら、その時間ってとても長く感じるのでしょう!

おひとり様で出掛ける人の場合は、各自持つと言う感じでしょうが、パーティでの行動の場合はグループにひとつあると安心ですね。

まあこの時期はブッシュも凄くてトレイルに出掛けなくなる方も多いのでしょうが、それでも備えあれば憂いなし。

ちなみに説明書を載せておきますよ。これ見ると買いたくなるかも?

">

MTB用のPIVOTALポストに新しい商品が誕生しました。

とは言っても、BMXではかなり当たり前になったスタイルのポストです。
今までは、レールが無い特徴を生かすことがあまり出来ない根元にブレースが入ったスタイルでした。

BMX市場では、既にフレームにドン付けできるタイプのポストが当たり前。
だけれど、MTBではその市場の小ささ(PIVOTALでは)から型が起せなかったんでしょう。今までマクニールが製作した「OGポスト」の型を使用して全て同じ形の物しか流通していませんでした。

が、

ダークホースとも言える「TIOGA」からの新型の発売です。

しかも、27.2mm31.6mmの2サイズ展開。
まあ、シムを使えば27.2mmでも様々なフレームに使用できますが、これで更に様々なフレームに対応できそうです。


で、どんだけ低く出来るかを比べてみました。

判り易くするために、プラサドルを使って比較。
ご覧のように相当低くセッティングできます。

これによって、ストリートシーンのみならず、フルサスバイクのシート高をとても下げたい方なんかにもお勧めです。
ただ、レールのサドルと違って、PIVOTALはクッション性が乏しいのでご注意を。
ずっとシッティングするとちょっと痛いかも知れません。

これによって新しくPIVOTALを使用したいという方も多くなると思います。

既にPIVOTALのシートは結構様々な種類がリリースされていますので、是非検討してみて下さい。

PIVOTAL SYSTEM

待ちに待った[ S&M ]社製のピッチフォーク"26の入荷がありました。

テイスケ氏のBLOGにもありましたが、ホワイトは"20用ピッチフォークの箱を継ぎ足した物で入荷しましたが、ブラックはテイスケ氏からもかなり「素」に近い状態で入荷しましたので、MGMでは当店のフォーク&ハンドル出荷用ダンボールに入れてあります。
(テイスケ氏は簡易包装という表現でした。)

ご覧頂いている、MGM箱の全てがピッチフォークです。
2段あるので、本数もお判りになられてしまいますね。

そう、まあまあ大量に入荷しています。

が、今までの「コントラバンド」もそうだったのですが、なにせ1番人気のリジッドフォークです。

一応、1番の大量在庫を狙ったのですが、 普段リジッドフォークを全く在庫されないお店でも、入庫させたいフォークらしいので、何時まで持つか心配です。

と言うか、TKCにもそこまでの数量が入っていないようですが...

ちなみに、実棚数をWEBに設定してありますので、当店の場合は載っている限り購入可能です。

S&M BIKES




遠征用のバッグが入荷しましたよ!

トロイリーの新しいプロダクツです。
レースや富士見などに走りにいく時に、乗り合わせていくことは良くある事ですね。

そんな時にとても重宝します。

何時もならば、ウェアのバッグ。プロテクターのバッグ。ヘルメット。シューズ。などと結構小分けになってしまって忘れ物などをする事も多々あることで...。

私の知り合いの某ショップ店長は、待ち合わせ場所に来てからサンダルしか履いてきていない事に気づいた人もいるくらいです。

このバッグならば、全部入ります。MTB以外が全部入りますよ。
そうすると重いので、カートとハンドルが着いています。
まるで小型冷蔵庫バリの大きさです。

これで遠征ばっちりです。

しかもヒストリーは基本がブラックでゴールドのアクセントで格好良い!

一番右のはフライトバッグです。

こいつならば、飛行機に乗るときに預けないでそのまま乗ることが出来る大きさのバッグです。
もちろん、ナイフやペットボトル、ライターなどを入れているとチェック&没収されますので、ご注意を。

今年の夏はサーチャージもほぼ無くなりそうですので、是非海外遠征でもいかがですか?

TLDのバッグ類は数量限定で発売です。

TLD BAG シリーズ

ペダルと言っても本当に様々な種類があります。
当店では、その製作・材質から下記の3種類に分けてカテゴライズしています。


 
   
   
アルミの塊から切削加工を施した高級感あるペダルです。

ポリカーボネイトボディが主流の軽くて、路面を傷めない為のペダルです。 ノーマルペダルでおなじみの製作工程のペダルです。

■CNC主な材質は、アルミです。切削部品ですのでデザイン性が高くシャープなエッジが効いています。同時に精密な加工が施せる為に、性能も追求した製品を作ることができます。
使用されるベアリングも、シールドベアリングなどが多用されます。薄く作る為に中にはDUベアリングと呼ばれる乾式のベアリングを使用するペダルもある程です。これを使用すると、非常に薄く作ることが出来ます。

■PCペダルはポリカーボネートボディが主流です。価格が1000円台のものはポリカでは無く、ABSなどの樹脂製だと思われます。BMX等でパークライディングが主体の場合に、ランページなどを傷め辛い事から主流になりつつあります。
最近の物はピンも起っており、シューズへの食いつきも申し分ありません。

■ALLOYペダル。アルミペダルです。金型を使用する制作方法で、流通している大多数のペダルはこれに当たります。
価格を抑えることができる為に、完成車にも良く使われています。
ベアリングはルーズボールと言われる方式で、玉当り調整が必要な物です。ペダルでのグラインドなどで消耗品と考える方はこちらがお勧めです。


CNCペダルでの流行は薄型のペダルにありそうです。中でも
最薄部14mmの圧倒的な薄さとシンプルなデザイン
これも最薄部14mm。Ver2.0になって踏面も広がり人気を博します。
薄型ペダルの良さは、その重心の安定性です。これはFLVの高松健二氏曰く

「ズバリ薄いペダルは安定するし踏みやすいです。一度使ってから分厚いペダルを踏むと一瞬で良さが解ります。例えて言うなら、下駄、厚底の靴で車のアクセルを踏むと安定しないしコントロールしにくいなどの感覚と似ています。」

と言う言葉で説明できるかと思います。

また、CNCペダルは高級感を伴います。中でも
は、その切削の綺麗さから群を抜く仕上がりで人気があります。
確かに滑らかなラインは、非常に綺麗です。


PCペダルの主な材質はポリカーボネイトです。
防弾ガラスなどに使用されるそのタフさから、使用されています。
さすがに1000円台の物はABS樹脂などでしょうが、軽量さを頑丈さを兼ね備えて、BMXなどでパークライディングを主として行うライダーからは、ランプなどを傷め辛いなどの理由で支持されています。

のツイステッドPCペダルは、リリースされたのも古く、現在ではスタンダードな物になっています。
ただ、ベアリングのキャップが赤い樹脂製でチープなので、輸入元のMX様からアルミCNCのキャップが別売になるほど定番化しています。


現在のプラペダルは、ピンも起ってシューズとの相性もよくなっています。



ALLOYペダルとは金型を使用した制作方法をとるペダルで、材質はほぼアルミニウムが多く、ベアリングもルーズボールと言われる玉当り調整が可能な物がほとんどです。
価格を抑えて作ることが出来るので、流通しているペダルの大多数を占めます。

中でも人気があるのが
のGIペダルです。
ルーズボールを使用したペダルにも係わらず、最薄部17.5mmという薄型で、物凄い人気があります。
これを2007年にはリリースしていたATOMLABの先進性を伺わせます。

というか、薄型ペダル自体ATOMLABのエアコープペダルから始まったのではないかと思いますので、この手のブランドでも非常に早くからペダルに着眼していたのでしょう。DUブッシュを使ったペダルもこのブランドが最初だと思われます。

カラーによるペダルの選択


カラー系パーツが増えていますが、これでもかという商品がこのDMRの[ PIMP MY PEDALS ]でしょうか?

なにせ、ペダルピンのカラー物です。
DMRのペダルですと、このサイドのキャップまでカラーリング変更できますが、通常のペダルではイモネジしか使用できません。
それでも、結構皆さんご購入なさっています。

画像の[ PIMP MY RYDE ]は、MTVの人気番組。

ありえないボログルマを、ピンプしちゃう番組です。


これが、

こうなりますからね!

また、途中の経過が面白い!

がんがん切るし、削るしで歯医者の歯根治療みたい(笑)
とにかく凄まじいレストア魂です。

ペダルピンひとつで、ここまでゴージャスにはなりませんが、「おや?」と思う感じにはなります。

結構色んなペダルに使えますよ。 お試しください。

画像加工のお話です。

最近はホワイトのパーツなども多く判り易くするのにちょっと苦労していると言う事です。
商品を際立たせる為には、余計な背景があると判りづらい為に、当店ではなるべくホワイトバックを使用しています。
以前は、商品のバックをホワイトで照明を色々考えて撮っていたりしましたが、最近はすべて切り抜くようにしています。

上は加工前の画像で、ホワイトの場合は露出を低めにして縁の部分が判るように撮影します。
照明を多く当てすぎると、ホワイトがハレーションを起して商品とバックの境目が判らなくなってしまうのです。
かといって、黒バックにすると切り抜いた際に廻りが綺麗に抜けません。

で、それを元にペンツールのベクターで下のようなマスクとなる陰を作ります。

そして、下のように元の画像と組み合わせます。

で、この黒い部分にマスクを掛けて、この部分だけ表示させるとこのように!

こんな感じで作業をしています。

このペダルは簡単ですが、昨日の
RENNEN CHAINRINGはちょっと大変でした。

でも、一番大変だったのはこれ

NS BIKESの実写の画像は、スポークの1本やブロックまで抜いています。
ので、結構気が遠くなる作業でした。

小さい物だとこれ

TOKENのプーリーです。
ギヤの部分、穴の1個1個全てベクターで切り抜いています。
結構入荷の度にデザインが違っていたりもするので、その度に加工しなおしたりしています。

カラーに関しては、お使いになるブラウザやモニターによってカラーが異なるかと思います。
特にパープルのカラーはデジカメで撮った状態では、青っぽくなる事が多く、修正を余儀なくされます。
自分が使っているPCでの表記はなるべく近づけているつもりですが、実際の物とは色ずれもあり得るので、ご容赦願います。

それと画像圧縮もします。
普通に撮った画像ですと、表示するのに重い場合が多いので結構軽くしてしまっています。
そうすると、質感がどうしても落ちてしまうのでそのバランスが難しいですね。

ちなみにエディターはFIRE WORKSです。

RENNEN のチェーンリング。
アメリカ製のチェーンリングですが、今回カラーアルマイト物が入荷して来ました。

以前、当社に輸入元である【LOVE BIKES】さんがいらっしゃった時に、4アーム104ピッチのチェーンリングで、カラー物がほとんど出ていないので、RENNENでお願いできないか?と頼み込んだのが2月くらいでしょうか?

そしてついに出来上がって来ましたよ!

カラーはゴールド「金」レッド「赤」です。
サイズは36Tと38Tになります。

最近はE13のLG1など、デバイスを装着してもチェーンリングが見える物が多いので、チェーンリングの形状や色は、カスタム派にとって要注目アイテム!

このチェーンリングは、歯先の形状に特徴があるらしいのです。
以下、LOVE BIKESさんのBLOGからの抜粋です。

━━━━━━━━━━━【LOVE BIKES BLOG 抜粋】━━━━━━━━━━━
最近は4アーム用の7075ChainringがBMXレーサーの皆さんの人気アイテムになりつつあるのですが、この写真の7075Sprocketもお勧めです。

名前の通り7075アルミを使っているのですが、とにかく堅いので減りません。
Transition Racingのライダーは昨年からほぼみんなChainringを使っているのですが、そのまま今シーズンも使用可能。
それだけでなくシマノのXTクランクで使用していたライダーはチェーンリングをぶつけたらクランクのスパイダーが曲がってしまったという程の強さでございます。

上の写真を良く見て頂けると判るのですが、Chainring、Sprocketともにもっとも優れた点は刃先の形状です。
通常は刃先を三角形にしてチェーンの抜けを良くするのですが、Rennenのギヤ板はペダリングパワーを確実に伝達させる為に刃先の形状をギリギリまで台形のようにしています。

この事がBMXレーサーに大変好評なようです。

私も知らなかったのですが、昨年のBMX世界選手権では各国の代表選手の装着率が大変高かったらしくその後日本でも口コミで広がっております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
で、今度はオレンジのクランクにゴールドのチェーンリング、ピンクのボルトとクレイジーな仕様を試してみました。

バイクによっては、結構綺麗なのでは無いでしょうか?

ステムやハンドルなどを同色系で合わせたくなります。

RENNEN DESIGN COMPANY

袋は確かにおもちゃではありません。

ですが、家にいる0歳の赤ん坊にとっては、軽くてくしゃくしゃ感のあるパッケージ系はとても良いおもちゃになっていたりしています。

0歳児はともかく、3歳の息子までまだまだなんでも口に持っていってしまう癖が抜けづらいようです。
普通のパッケージには、大人向けに印刷してあったりしますが、何かあった際の法的な抜け道になっている感があります。

このパッケージなら一目瞭然!

3歳児くらいなら、何となくでも判ってくれるでしょう。

子供にも判る視覚的なアイコン説明。

と言うか、ただ単にこのパッケージが届いた時に面白かったのでいつか載せようと思っていただけです。

SPANKのTWEET TWEET シリーズとても人気です。

画像は入荷時の状況ですが、本日更に追加しましたのでまだまだございますよ。

ライズが高めで幅を狭くしたいライダーさんには、うってつけのハンドルですので、人気のほどが伺えるもんです。
ステムも超軽量で、長さや仕上げも申し分なし!
しかも価格が嬉しい感じに抑えてあるので、買い易いパーツブランドです。

地方ですと扱っていらっしゃるお店も少ないので、是非当WEBSHOPで通販お願いします。

都会でも、在庫薄なのは間違いなしで、輸入元は既に完売状況です。

SPANKは世界的に人気が揚がってきているので、輸入元に来るのも不定期になってしまうそうです。

ですので、あった時が買い時!

カラーも今なら揃っています。

SPANK BIKES



SPANKの新しいハンドルやステムが入ってきました。

これを気になっていた方も多いはず!
なんと言っても、先ほどアップロードしている最中にも係わらずご購入された方がいるほどです。

新しいハンドルの特徴は、なんと言ってもそのハンドルの狭さ?でしょうか?
上の画像は上からそれぞれ
・BLACKMARKET / BADABOOM BAR "3 | 25.4Φ
・SPANK / TWEET TWEET BAR 70mm | 25.4Φ
・NS BIKE / 08 DISTRICT BAR 50mm | 22.2Φ
になります。

NSとブラックマーケットをSPANKと比較した理由は、NSはこの年式のハンドルが22.2Φ(25.4シム付)で非常に狭く今までに無いくらいの人気を誇った事。異常な人気の70mmライズは御免なさい!売れ切れです。
ブラックマーケットは、3インチライズを持つハンドルが最近ほぼ無いので(しかも25.4Φ)取り上げてみました。

ご覧のように、SPANKのベンド部の曲がりが物凄く、クランプ部の25.4からグリップ部の22.2Φへのテーパーが途中にあるくらい物凄い立ち上がりです。ちょっと異常とも思えるくらい...。
NSはライズが低い分だけさすがに狭いですね。テーパーも無いですし。
今年のDISTRICTは残念ながら幅広になってしまったんですよね。

でも、どれもとっても人気のあるバーです。
何処にも無くて探している人もいるのでは?
この辺りのブランドは当店では実数実棚管理ですので、WEBに載っていれば購入可能ですよ。

で、↓になるのですが、この2つのステムが形が非常に似ていたので気になっていたのです。

で、早速比較してみました。

どっちが格好良いとかは、主観の問題なので横に置いといて、と。
仕上げは、【UNDER BOSS】がマットな感じで、【TWEET TWEET】はポリッシュ後に色付け名感じでつやつやです。

この差と、重量でしょうか?

【TWEET TWEET】 削りまくっています。
なんとなく、鍛造な感じに見えますが、製品をよ〜く見ると切削痕が残っていたりもしますよ。

どのカラーも深みがあって、とっても綺麗です。
お勧めです!

と言っても、どのブランドもとても流通が悪く、輸入元様もそんなに数を仕入れていない製品です。
当店の得意な部分でもありますが、品切れも必至な予感がするのです。

そう、以前にNSのDISTRICTは物凄い量を入れても一瞬で売切れてしまったりしまった経験があるので...

気になっている方は是非!

SPANK BIKES

スケートシューズブランドであるばかりか、BMXライダーへの支持も厚いエトニーズのシューズのセールを開催しました。

ETNIES は、RYAN SHECKLER や SAL BARBIER , DAN MALLOY , JP WALKER 等の
SKATER や SURF, SNOW の 横乗り RIDER だけではなく、
FREE STYLE MOTO X では、BRIAN DEEGAN , TWITCH 等の二輪競技にもサポートしており、
BMX もまた、 多くの RIDER を抱えています。

BMX DVD“ GROUNDED ” 2007 では、18人の ETNIES RIDER が世界各国で大暴れ!!
映像作品として評価が高く、前作“ FORWARD ”2003 から長い沈黙を破って
待望の2作目が発売となっております。

BMX TEAM には、 AARON ROSS をはじめ、 MORGAN WADE , RUBEN ALCANTARA ,
SERGIO LAYOS , ADAM BAKER , GARRETT BYRNES , JOE RICH , JOSH STRICKER など
各国人気トップ BMX ブランドの 看板ライダー達が、名を連ねています。

人気の秘密は、とってもカジュアルに見えるデザインでありながら、シューズがしっかりとしている所。

インソールのSTIソールは、ご覧のようにしっかりと踵をサポートするように出来ています。
モデルによっては、このインソールではないものもありますが、独自のクッション素材「STI」は、使用しています。
また、パッドが厚そうでないモデルでもしっかりとシュータンや内張りがしてあり、足を保護してくれます。
G2ゲルを使用したモデルは、踵の部分にそれが内蔵されており、リカバリー等で足を着かざるを得ない状況でも、しっかりと踵を保護してくれるでしょう!



ソールもフラットペダルとの相性は抜群です。
画像は、両方とも私物ですので、これをお客様には出しませんが、がっちりと食いつくイメージと言うことで撮ってみました。



履き心地が良いのもありますが、ソールがそこまで厚くないので、せっかく薄型のペダルをお使いになられている方でも、ペダルの感触を損なわずにライディングできます。

ここがポイントかも知れません。
スケートシューズブランドとして長く、BMXもストリートシーンに向けて多くのマーケティングを行っている同社だからの感覚です。

価格はなんと40%以上の値引きをしています!


普段の仕入れ値を鑑みると恐ろしい価格。

ETNIES SHIES 大特価

A&Fサンタクルズ所属の柴田選手から、Jシリーズ DH 第1戦の報告がありました。

レース報告書

大会名 JCFジャパンシリーズ第1戦
開催日 2009年4月3日
開催地 滋賀県箱館山スキー場
天候 晴れ

結果 予選6位 決勝30位

2009年のジャパンシリーズ開幕戦、箱館山大会の報告を致します。
結果から申し上げますと30位という非常に情けない結果となってしましいました。
たくさんの応援を頂きながら成績が出せずにすみませんでした。

練習走行から予選までは非常に思いどおりの走りができており
十分表彰台に上れる感触を持っていたのですが、 決勝では最初のテクニカルセクションのドロップオフの着地でミスをしてしまい、 コース外に大きく転落してしまいました。

幸い大きなケガは無かったのですが、胸を強く打ってしまったために息ができず、すぐには立ち上がれない状態になってしまいました。
少しの休憩で走れる状態に戻ったので、 コースへの復帰をマーシャルに申告したのですが、 最終走者が通過するまでの間コースへ復帰が許されませんでした。

もちろん転んだ時点でレースは終わっているのですが、 少しでも良い順位でゴールする望みすら持つ事ができなかったので
非常に悔しいレースとなってしまいました。

今から思うと、 ミスしたセクションは攻めすぎてしまったという事になるかもしれませんが、 全体的にみると非常に良いメンタルで集中して、いい走りができているので、 次戦もミスを恐れないで攻めの走りをしていこうと思います。

次戦は5月31日のジャパンシリーズ第2戦長野県富士見パノラマ大会です。
良い結果がのこせるよう、全力で準備をしていこうと思います。
応援よろしくお願い致します。

平成21年5月8日

A&Fサンタクルズ FUST 柴田幸治



レースフェイスのフリーライド系クランク「ATLAS FR CLANK」の限定カラーが入荷してきました。

今回の入荷は、レッド、パープル、オレンジの3色で既存のブラック、スチールシルバーと合わせて全5色となります。
現在、170mmは全て在庫が揃っています。

ATLAS FRクランクは、レースフェイスがFR系に昨年度投入した、新しいモデル。
素材に [ OPTIM-AL ]と言う通常クランクなどに使用する7050アルミニウムよりも20%も強度の高いアルミを使用することにより、クランク左右で710gと言う非常に軽量なクランクを中空ではなく、同社の得意な鍛造・切削で製作する事が出来たのです。
しかも、強度が高いのでペダルのスリーブもいらないらしいので、そこでも軽量化が計れるという事らしいのです。

この工法で製作すると、見た目のインパクトも増大!
非常に綺麗な切削痕が生めかしい雰囲気を醸し出します。

同カテゴリーのクランクですと、シマノのセイントがありますが、セイントよりも40gの軽量化に成功しています。

この2枚仕様のセイントが、BBとクランク左右セットの重量で実測1080gです。
ATLAS−FRにE13のターボチャージャーをセットし、36Tと22Tのチェーンリング・ボルト込みの重量が実測1050gでした。

実測でも軽量です。

見た目を重要視する方は上の画像をチェック。
セイントはクランクにセイントのロゴがプリントで入っていますが、ATLAS-FRにはレーザーエッチングでアトラス=「地図」が掘り込まれています。

まさにフリーライドなイメージですね。

これは、全カラー共通で、左クランクにも同じ模様が掘り込まれています。
結構なインパクトがありますよ。

90年代は様々なパーツブランドからクランクが出ていました。
21世紀に入ってからカラーのパーツが少なくなり、やっと最近カラーパーツが復権してきた感があります。
そこでのこのレースフェイスの英断。

大きな画像ですとこちらでチェックしてください。 クランクの質感まで判ります。

このクランクのご注文は↓からどうぞ。

スパイダーアーム式クランクセット

DHシーズンも近くなり、御自分のバイクの整備をしたり、新しく組まれたりしている方も多いかと思います。

そこで、ダイレクトクランプ・ステムを集めてみました。

せっかくあるマウントを生かすためのダイレクトクランプ。
現在はROCKSHOXのBOXXER用が主流のようです。

現行のFOX40にも使えることができる為に、ほとんどのブランドはこの規格で出しています。

クラウンに直付けしてハンドルをつかむ為だけなので、各社デザインにも色々工夫があるようです。
ちなみに25.4mm用はほとんど出ていませんので、シム等をお使いになるのがベターのようです。
(FUNNに25.4用があります)

リーチも様々ですが、ストレートラインはやけにショートリーチです。

ポイントワンの様にスプリットすると重量が105g(実測)と劇的に軽量化できます。
とは言っても、ストレートラインも実測で111gしかないのですが...。

ヘビーになりがちなダウンヒルバイク。

皆さんは、たぶん様々な所で軽量化されていると思います。


ダイレクトクランプの利点は軽量化だけではありません。

レースの時でも有利です。固定力の強さから、反応の良いハンドリングが出来るのはもちろんの事。
不意の転倒によるダメージが少なくなります。転倒すると通常のステムだとあらぬ方向にハンドルが切れてしまい、再スタートに時間が掛かってしまうこともしばしば。
ダイレクトクランプなら、よれたフォークを戻せば、直ぐに再スタートが切れます。
(ピットでしっかりと、直してくださいね)

ダイレクトクランプステム

101 から 120 を表示中 (ニュースの数:422) [<< 前へ]  ... 6  7  8  9  10 ...  [次へ >>] 
戻る
NEWS&DIALY
マウントの無いフレームで...
チェーンりテンション機能...
【重要】消費税改正に伴う...
当店よりお買い上げの製品...
33mmと言う短さのステ...
商品欄では判り辛いと思い...
MRP...
オーバーロードステムです...
詳しい寸法が輸入元より発...
SPANKのSPIKEペ...


カスタマーレビュー  
営業日カレンダー
休業日
2017年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ボクサーと40に使用できるダイレクトステム
 | ホーム | 
Parse Time: 1.531 - Number of Queries: 153 - Query Time: 1.1191493063812